新世紀に想う
 (Thought for the new century)                                           

ありがたや 慈光のなかで 還暦の春     
( 紅楳英顕、平成13年元旦) 
I GIVE THANKS FOR MY 60TH SPRING, CELEBRATING
IN BUDDHA'S COMPASSIONATE LIGHT.
(Eiken Kobai、 January 1, 2001)

新世紀 真宗復興の ときいたり
( 紅楳英顕、 平成13年元旦)
THE NEW CENTURY BRINGS A TIME OF PROGRESS
FOR SHIN BUDDHISM.
(Eiken Kobai、 January 1, 2001)

初梵鐘 浄邦縁熟の ときを告ぐ
(紅楳英顕、平成19年元旦)
FIRST BELL TELLS THE TIME;
THE MOMENT FOR THE TEACHING OF TRUE PURE LAND BUDDHISM HAS COME
(Eiken Kobai, January 1、2007)

古稀の春 摂護のなかで 五十年
(紅楳英顕、平成23年元旦)
MY SPRING OF THREESCORE AND TEN.
FIFTY YEARS HAVE PASSED IN THE ILLUMINATING AND PROTECTING LIGHT.
(Eiken Kobai, January 1、2011)

初灯明 癌もまたよし 無碍の道
(紅楳英顕、平成25年元旦)
FIRST DAY'S LIGHT, EVEN CANCER IS GOOD,
ON THIS PATH FREE OF HINDRANCES.
(Eiken Kobai, January 1、2013)


昨年9月13日、母(満97才) が 往生の素懐を遂げました。

母往きて あらためて知る 愛別離
法のため 尽くせといいて 母往きぬ

   合掌  英顕 (紅楳英顕、平成26年1月)

Last September 13th, my mother (97 years old) was borne into the Pure Land.

When mother was borne into the Pure Land. I got to know anew the pain of parting from those I love.
Telling me to make efforts to spread the Dharma, mother was borne into the Pure Land.

Gassho Eiken  (Eiken Kobai, January 、2014)


今年も われ嘆じたし 慶所聞
                
シンズルコトヲエテヨロコブナリ
(紅楳英顕、平成27年元旦)
REJOICING AGAIN THIS YEAR, THANKS TO SHINJIN,
I WANT TO EXTOL WHAT I HAVE HEARD AND HAVE ATTAINED.
(Eiken Kobai, January 1、2015)


今年も 常護の中で ナモアミダ
( 紅楳英顕、平成28年元旦)
This year also, I utter NAMOAMIDABUTSU
in the constantly protective LIGHT of Buddha's heart.
(Eiken Kobai, January1、2016) 


 初恵日 御縁尊や 奉告会
 (紅楳英顕 平成29年元旦)
  This first sun of wisdom. Noble condition. Commemoration of the Accesion.
  (Eiken Kobai. January1, 2017)



Understanding Jodo Shinshu
(紅楳英顕著『 浄土真宗 がわかる本』 <教育新潮社、1994年刊>、ケンイチ ヨコガワ訳)
(Written by Eiken Kobai, 1994. Translated by Kenichi Yokogawa)

ポール・ロバーツ氏のH.P.shin ugly BLOGに氏の推薦文が書かれ、全文が掲載されている。
       (Please go to Paul Roberts' H.P.shin ugly BLOG,)


Misunderstandings of Master Rennyo
(紅楳英顕著『続・浄土真宗 がわかる本』 <教育新潮社、1997年刊>、ケンイチ ヨコガワ訳)
(Written by Eiken Kobai, 1997. Translated by Kenichi Yokogawa)

 ポール・ロバーツ氏のH.P.shin ugly BLOG.に氏の序文が書かれ、全文が掲載されている。 
(Please go to Paul Roberts' H.P.shin ugly BLOG,


The True and Real World of Salvationl
(紅楳英顕著『真実の救いの世界』<探究社、2002年刊>、ケンイチ ヨコガワ訳)
(Written by Eiken Kobai, 2002. Translated by Kenichi Yokogawa)



最近の論文 (Recent research)


「仏教をいかに学ぶかー真宗学の場合-」

「ON LEARNING BUDDHA-DHARMA, WITH EMPHASIS ON JODO-SHINSHU」

「Shinran and Rennyo」

「真宗伝道の留意点」

「御報恩のための念仏ー世の中安穏なれの前提ー」

「現世からの大きな救い」

「親鸞浄土教における救済の現実的意義」

「親鸞浄土教における救済の現実的意義ー一遍教学との比較研究ー」

「信心をえるということ」

「ON RECEIVING SHINJIN」
(http://www.adelaideshinbuddhistdojo.com.au/kobai_chomon.htm)

「信一念と信の覚不について」

「親鸞浄土教における救済の理念と事実」

「親鸞における信心の智慧について」

The Special Features of Shinran's Pure Land Buddism in Japanese Buddhism

Establishing Shinjin: The premise of peace and tranquility

「『歎異抄』の中心問題」

About the Potential of true and real Shinjin in the World of the twenty-first Century

[親鸞における念仏の真仮について]

「三国(印度・中国・日本)に亘る 浄土真宗 の展開」(相愛大学人文研研究紀要第4<平成22年3月>)

「親鸞聖人における生と死」

[悪人正機説と悪人正因説]

The Meaning of "True Disciple of Buddha"
(http://www.adelaideshinbuddhistdojo.com.au/kobai_truedisciple.htm)

親鸞の念仏思想の特性ー特に 法然 との相異についてー

「近年の本願寺派教学に想う」

THOUGHTS ON TEACHING OF DOCTORINE WITHIN THE HONGWANJI -HA(NISHI) HONGWANJI OGANIGATION IN RECENT YEARS

[今想うこと」(上の「近年の本願寺派教学に想う」に関連した内容のものである)

「近年の本願寺派教学に想う、追加」

続・近年の本願寺派教学に想う

「真宗念仏論」

「続②近年の本願寺派教学に想う」

「続③近年の本願寺派教学に想う」

「親鸞における智慧」

「浄土真宗における回心について」

「続④近年の本願寺派教学に想う」

「About the true Nembutsu in Jodo Shinshu」
(日本文)

「続⑤近年の本願寺派教学に想う」

「続⑥近年の本願寺派教学に想う」

「続⑦近年の本願寺派教学に想う」

最近の法話


真実のすくい」

「現世からのすくい」

「仏法は聴聞にきわまる   」

「念仏者は無碍の一道なり」

「生活の中の念仏」

「 浄土真宗との出遇い」


インターネット法話(録音)


仏教漢詩



親鸞聖人の教えを聞く会(於・築地本願寺)<次回(第27回)学習会は2017年月9月16日(土)>。
第1回(2011,3,12)、〈1〉〈2〉〈3〉第2回(2011,6,11)。 第3回(2011,9,10)
第4回(2011,12,10)。 英訳版「恩徳讃」四部合唱。 第5回(2012,3,10。)
第6回(2012,6,9)第7回(2012,9,8)第8回(2012,12,8。)
第9回(2013,3,9). 第10回(2013,6、8)、第11回(2013,9、14)。
第12回(2013,12,14)。第14回(2014,6,14)。第15回(2014,9,20)。
第16回(2014,12,13)。第17回(2015,3,14)。第18回(2015、6,13)。
第20回(2015^12、12)。第21回(2016,3,12)。第22回(2016,6、25)。
第24回(2016,12、10)第25回(2017、3、11)。第26回(2017,6,10)


紅楳英顕学習会



略歴、業績<研究者情報業績表
(To learn more about Eiken Kobai's teaching and research, please click on this link: English CV)



親鸞会関係
本願寺派(西本願寺)伝道院時代<1973~1983>に関わった親鸞会問題関係リンク



紅楳英顕の生家(大分県中津市本耶馬渓町落合。 浄土真宗本願寺派 雲西寺)
(The house in which Eiken Kobai was born.<Ochiai Honyabakeicho Nakatsushi Oitaken Japan.
Jodo Shinshu Hongwanji-ha Unsai Temple>)